葬送知識

通夜は前は家族や近親者が常夜亡くなった人に寄り添うものだったが…。

現代では斎場と呼んでいますが元来祭祀儀礼を致す場所および、祭祀儀礼を実行する施設全般を示す呼び名であり、通夜・葬儀告別式を行う会場で斎場と言うことが多いようですね。
通常我々は『法事』と聞くそうですが、厳格に言うと、坊主にお経を読んでもらうことを「法要」と言い、法要と宴会の席も合わせた行事を『法事』と言います。
納骨堂は関東各地に応募されておりお参りに便利な駅に近いお寺や都心から距離のある、落ち着いた寺まで、バリエーションはたくさんあります。
哀悼スペースに足を運んだ参列者の方達がご主人はお酒好きでたらふく飲んでいたなぁ、と言われるのを聞いて、ご遺族は驚かれていました。
子供の時にお母さんを失ったから法要には疎くて、その他問い合わせる知り合いもいないため、十三回忌といっても何を行ったらよいのか不明だと思います。

それに加えてお墓の外観も近年では色々とあり以前までは形もあまり変わりませんでしたがこの頃では洋風の、墓石が多くみられますし、自由な発想で形にする人も、多数おられます。
葬式を事前準備する人は家族の大代表、地元の世話役や関係する集団、企業の関係者など、詳しい方のアドバイスを照らし合わせて進めるのがいいと思います。
その昔はお通夜は故人と親しい人たちが夜明けまで仏の横で見取るというのが慣習でしたが、今日日は参加者を参じてお通夜を実施し、2時間程度で閉式するのがポピュラーです。
僧侶とかかわりがなく葬儀のケースに業者に僧侶を世話してもらうケースは、お布施を幾らほど包んでいいのか流動的なので、危惧の念を忍ばせる方も多いみたいです。
通夜は前は家族や近親者が常夜亡くなった人に寄り添うものだったが、近頃では早く終わる半通夜が普通です。

ご家族と少数の限られた人達をお誘いして、さよならが出来る、葬式を、「家族葬」と仰られるようになり、ここ数年、有名になって、まいったそうです。
一例とすればお葬式の会場一つにしても最高級ホテルの大会場が良いという希望もあれば、寺院の壮大な雰囲気の中で、お別れしたいという方もいらっしゃるようです。
先祖代々に対しての供養ですのでご家族によって行う方が、一番いいですが、各々の都合で、実践できない時には、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てる供養に限り、お任せする事もあります。
親族代表は通夜式・葬儀式の実務的な部分の窓口となり広い役目としては参列者への挨拶、などが存在するようです。
長い期間使った仏壇にはキズや汚れの固着木地の腐食金具の劣化、彫刻の欠け金箔の擦れキズ、により、見た感じが低下します。

公営斎場 葬儀サポート