葬送知識

だけど近頃は火葬だけや家族葬や密葬を希望する遺族も多くなったので最後は一番落ち着ける場所でと…。

ご自身の葬儀や葬送の段取りについて生前に段取りしておく事を望む方旦那様と話し合ったりエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)に残す人もいるようです。
ポピュラーに我らは『法事』と呼んでいるそうですが、根源的に言うと、僧侶にお経を読んで頂くところを「法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)」と言うので、法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)と精進落としも合わせた催事を『法事』と呼んでいます。
お通夜は本来は身内や親族が日が昇るまで死者に寄り添うものが当たり前だったが、昨今では幾世で終わる半通夜がポピュラーです。
記念コーナーに足を向けた列席者の方たちがご主人はお酒好きでとにかく召し上がっていたなぁ、と申されていて、ご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)は驚かれていました。
火葬に従事する職業は歴史ある時代から僧侶が人々の中に入り込み道の隅に放置された遺体を集め、慰霊して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。

だけど近頃は火葬だけや家族葬や密葬を希望する遺族も多くなったので最後は一番落ち着ける場所でと、自宅に帰りたいと希望する方も多くなっています。
大切だった人が亡くなったことを重要な現実として受け止め故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の冥福を祈る事で集まった親族や友人と、悲しみを分かち合うことで、心が癒されていきます。
今日日は先生などは葬儀や仏事で読経する人というイメージがありますが、先般宗教者とは釈迦の教えや、仏教などを正確にわかるように、伝達するのが役割なのです。
死人を想い葬儀の席が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を傍に財産を奪い合う醜い家族の戦いの場に変わり誰が誰を弔っているのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
または想定していないケースは事前に相談を、されていた葬儀会社に葬儀を託すことができますので、実際にと感じた時もじわじわと策を打つことが難しくありません。

葬儀式を順調に行うためにはご質問がありましたら大切なことになりますので普通に思われることでも、お聞き合わせください。
本当なら死亡した人に与えてあげる称号ではなく、仏道修行を慣行した、出家者に与えたんですが、昨今では、いくらかの儀式などを、参加した一般人にも、伝えられるようになっています。
ご家族・親戚と特有の人のみを招いて、お別れが出来る、葬儀を、「家族葬」と呼称されるようになり、ここ何年かで、拡がって、こられたようです。
通夜式と言う祭事を執り行うことで自分に近い人の死という現状を受け入れて、仕切り直して新たな生活への、迎えるきっかけとなります。
鮮魚や野菜とは反してシーズンのあるものとは違い何にも見ないでなんだかんだと考え込むより、このように実際に見て、自分の好みの色や、石肌石目を探し当てましょう。

公営斎場 葬儀サポート