仏事知識

『終活』という意味は雰囲気のまま余生の終わりの活動であり…。

葬式や法要などで施料を包みますが寄付の渡し方や宛名の書く方法などしきたりはありますでしょうか?
死者を想い葬る場が亡くなった人を隣に置いての財産争いの場に変貌しそこで故人を弔っているのは誰なのだろうか、という思いが今も未だ記憶に強く残っている。
哀悼スペースに足を運んだ参加者の方たちが酒が趣味の○○さんはとにかく召し上がっていたなぁ、と語られるのをきいて、奥様は驚かれていました。
大多数の遺族はお葬式を執り行った事がないのでどれくらいの費用がかかる?葬儀屋さんに聞く前に誰かに聞きたい、と不安に感じているようです。
天台宗ではどちらの如来をご本尊と考えても根こそぎ菩薩に結びつくとした経典だと言われていますが、往生人宅でお葬式をお葬式をする際は、本尊様として軸を使うことがあります。

喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と呼ばれているのはご不幸のあった家の人達を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多々あり喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西界隈を中心に、適用される、流れがみられると言えます。
先祖代々に関しての供養ですから親類ですべきことが、勝るものはないのですが、各々の理由で、実施できないケースには、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りに限って、申請する事もあります。
葬儀と告別式とは本来別のもので仏教のお葬式では初めに僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経などがなされて、それ以降告別式、主にご家族ご親族が故人をお見送りする会が、実施されます。
満中陰法要の忌明けまで使用されるのが人並みでお通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)や葬儀に参列出来なかった友や知り合いが、手を合わせに来られた場合には、ここでお線香をあげていただきます。
そんな感じに有力な方を亡くされた一家、と比べて、周りの、知り合いが、お財布事情、アシスト、しようとする。

失敗しない葬儀を行うためにも明確でなくても良いのでこんな葬儀がよいなぁ、という事前情報を、持つことが大切ですからお勧めです。
見え見えな本義がない『家族葬』というタイトルですが、主として遺族・親族・友人たちを主力とした少数での葬式の略称として利用されています。
自分の葬儀や葬送の方法について生前から決めておく事を念願する方ご家族と談合したりエンディングノートに書き残す人も増加しているようです。
『終活』という意味は雰囲気のまま余生の終わりの活動であり、生涯の最後を更に華のあるすべくその前に手回ししていようと言われる取り組みを言います。
この四十九日(満中陰法要ともいいます)法要は会場の準備や本位牌の手筈など準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をやるのか)きちんと確認しておく必要が大切です。

公営斎場 葬儀サポート