安心家族葬サポート

安心家族葬サポート

安心家族葬サポート

大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、北斎場をご覧になってください。手順が分かりやすく紹介されています。

b46304bccf8a1d5eb6f4fece4f4abd10
葬儀市民相談として、これまで、9,423件(2008.1.31現在)以上のご相談を頂いた中で
「家族葬」でお見送りをしたいとのご要望を多数頂きました。義理で来られる方は遠慮して頂き、親しい人だけでゆっくりと送ってあげたい・・・そんな思いをお持ちの方に少しでもお役に立てればと思います。

粛々とした葬儀告別式を考えていたのに高価で派手な演出や祭壇を提案される場合は、葬儀社の考え方針が、あいません。
居宅で内輪だけの法要をされる場合戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが胸にくると思うならそれでも結構なのでは、無いんじゃないかといえます。
遺族の希望を映し出してくれるという意味では言い換えると業者本ではない大阪北区にある大阪市立北斎場で葬儀をする場合は、北斎場で数社から見積もりが取れあなたに合う葬儀社を紹介してくれます。葬儀社は公営斎場では紹介しておりません。だと思いますしそのような葬儀社は、たぶん、他の要素も。優れていると言っていいでしょう。
現代では通夜・告別式をやらないダイレクトに火葬して納骨を実践する『直葬』を実施する家族が増えています。
素晴らしい人が亡くなったことを終りを迎えた現実を受け止め亡くなった人の例を供養し集まっていただいた親族や友人たちと、その気持ちを同調する事が、グリーフケアにつながります。

こういうように尊い方を亡くしてしまった一家、に向けて、隣家の、面々が、経済の事情を、援助、する。
妻や家族へのメッセージを通知する手紙として、そして本人のための記憶清算手記として、世代に関係なく遠慮なく記帳する事が可能な、人生の中でも使いやすいメモです。
キャパやランクによって信用が落ちたのとは違い葬儀社のスタンスや取り組み方出向いた時の応対やサービスで、判断することがポイントです。
ご先祖様に関してのご供養なので家族たちで実施した方が、超したことは無いのですが、それぞれの理由で、行えない時には、僧侶に連絡を入れ、卒塔婆を立てるご供養だけを、お任せする事もあります。
当事者・家族・仕事先近所の方・友人・付き合いのある人を完璧に調べ適した助言と、納得いただけるプランを、ご説明させていただきます。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa35

家族葬サポートの流れ

ご不安に思われていることや現在の状況をお知らせください。相談フォーム ご要望に沿った家族葬に積極的に取り組んでいる葬儀社、心を込めて対応してくれる葬儀社をご案内いたします 葬儀社とのお話をされまして、対応やお見積もりの内容に御納得されました場合は、そちらの葬儀社へご依頼ください。 精算に至るまで当センターが第3者的な立場からサポート致します。葬儀後にはアンケートをお願いいたしております。

心ある家族葬

sakura

全て手作りの家族葬
三姉妹でプログラムを考え、司会進行もご家族で行うという本当に手作りの家族葬となりました。
葬儀社側も粋な計らいをしてくださり、「自分達は何もしなくてよいのでその分費用を花に費やしました」ということで、本当に驚くほどたくさんの花と白いきれいなドレープで式場を飾って・・・・・・

続きを読む >> 家族葬事例1

身内だけでの家族葬
事前のご相談を受けました。家族、親族会わせて10名くらいでのお葬式に対応してくれる葬儀社はありますか?とのご質問でした。今すぐという訳ではないが、葬儀社の心当たりをしておきたいのでというご希望でした。 ただ、ご自宅に一度戻ってしまうと、どうしてもご近所に知られてしまうことをご心配されておいででしたので、ご自宅から少し離れた斎場へ直接移動をして、お別れをすることを・・・・・・

続きを読む >> 家族葬事例2
心ある家族葬へ
サポート内容について

家族葬ってなんだろう? あたたかそうなイメージがあり、もし万が一の時には、家族葬で見送ってあげたいが、実際はどうすればよいのだろうか?どの葬儀社に頼んだらよいのだろう・・・

家族葬市民相談では、下記のご相談に24時間で対応を致しております。

・葬儀、家族葬に関するご相談
・安心して家族葬を任せることのできる葬儀社選びのサポート
・葬儀後の各種手続き・相続相談、お墓選びのサポート
サポートの流れについて
【1/4】 ご不安に思われていることや現在の状況をお知らせください。
・何から聞いたらいいのだろう・・・?
・こんなことを聞いても大丈夫だろうか・・・?
・知り合いの葬儀は何度か弔問したが、いざ自分が取り仕切るとなると・・・
・何の準備もしていないが、急いで対応をしてほしい

何度も経験することのない葬儀では、不明なことや、分からないことがたくさんあるかと思います。インターネットにはたくさんの情報があふれていますが、どの情報が本当に有益なものかを、取捨選択するだけでもひと苦労です。 葬儀に関する些細なことでも結構ですので、
相談フォーム

状況やご希望をお伝えください。まだ何も決まっていなくても、ご不安なことを少しだけでもお話をされることで、不安が軽減することも多いかと思います。ご相談に関しまして、すべて 無料 で対応をしておりますので、ご活用ください。

【2/4】 ご要望に沿った家族葬に積極的に取り組んでいる葬儀社、心を込めて対応をしてくれる葬儀社をご案内いたします。

当センターではご紹介させていただく葬儀社は、必ず現場の責任者、担当者と面談をします。書類のやり取りだけでは、責任のある紹介ができないと思います。

1社1社、現場の責任者、担当者と葬儀に対する理念や取り組み方を徹底的に話し合います。合わせて料金体系を確認し、その担当者の人柄や誠実さなどを重視して提携をしております。不安な状況で、親身になって対応をしてくれる担当者とめぐり会うことができれば、ご不安が少しでも軽減されると思います。

これまで150社近くの葬儀社とコンタクトを取り、実際にお会いしてお話を伺いました。そのなかで、適正な利益を設定している葬儀社、喪家様のために出来る限りのことをしたいと、必死になって取り組んでいる葬儀社のみと提携をしております。
【3/4】 葬儀社とのお話をされまして、対応やお見積りの内容に御納得されました場合は、そちらの葬儀社へご依頼ください。

ab1121f15a6cb8f7afee6efafa6fdafc

お電話でのご相談や、可能ならば実際にお会いしてのお打合せをお薦め致しております。お話をされることで、

・親身になって対応をしてくれる担当者かどうか
・お見積りの内容を丁寧に説明をしてくれようとしているか

などを判断をして頂けるかと思いますので、万が一の際により御納得してお任せになることができるかと存じます。
もし、一度、話をしてしまうと断りづらい・・・そんなご心配がございましたら、当センターよりお断りの連絡を入れますので、お気遣いはご無用です。

【4/4】精算に至るまで当センターが第3者的な立場からサポートを致します。葬儀後にはアンケートのご協力をお願いいたします。

・葬儀社さんより、お見積りを取られました段階で、当センターへも同じものが送られてまいりまして、同時にチェックをする体制になっております。不審な点や、法外な内容があれば、指摘をいたします。また、葬儀社へは、直接は聞きづらいことなどがもしございましたら、当センターの方で対応をさせて頂きますので、遠慮なくご相談ください。

・実際に、葬儀が必要となりました場合、実際の「お見積り」から「請求書」に至るまでをチェックをさせて頂きます。また、現場確認の為に実際の葬儀の場にもお伺いしております。地域や日程により難しい場合もございますが、これまで80%以上の現場確認を行っております。

・葬儀後には、皆さんにアンケートをお願いいたしております。そのアンケート結果を最重要視致しまして、本当に信頼できる葬儀社のみを常に選別しております。
三姉妹でプログラムを考え、司会進行もご家族で行うという本当に手作りの家族葬となりました。

葬儀社側も粋な計らいをしてくださり、「自分達は何もしなくてよいのでその分費用を花に費やしました」ということで、本当に驚くほどたくさんの花と白いきれいなドレープで式場を飾ってくださいました。
お式は極々身近な方々がお集まりになり、一人ひとりが順番にマイクを回しながら、故人にお世話になったエピソードなどをお話しし感謝の思いを告げ、お別れするという形式でした。

オーケストラに所属し海外で活躍する故人のご長女様がバイオリンで献奏を行いご家族がお父様との思い出を語り、涙を流しながらも、笑顔のある本当に温かい葬儀でした。
故人は某有名大学の教授だった為に、一般的な葬儀を行うとかなり会葬者が見えられたのだと思いますが、ご家族の意向で親族中心での葬儀となりました。
それでも、やはり知らせを聞いた方々も少しご会葬に見えられました。
その方々には、ご遺族手作りの返戻品が手渡され、故人の思い出の品やお写真などを飾ったテーブルには故人を偲ぶ人の輪ができました。
素敵という言葉はお葬式に対してあまりよくない表現なのかもしれませんが形式的なものではなく、心のこもった式で本当に素敵なお別れだな思いました。
また葬儀社も、自社のプランに無理やり当てはめるのではなく、ご遺族が希望されたことだけをしっかりとお手伝いし、後は無事に式が運ぶよう裏方として準備とフォローをしてくださいました。
後日談になりますが、この時会葬に見えた方が、お身内を亡くされあの時のような式を挙げたいという事で再度ご依頼を頂くことになりました。

img_2
<お客様からのアンケート>

実際のアンケート用紙
⇒こちらをクリックすると拡大できます ■質問1
葬儀市民相談を利用してのご感想を教えてください
家族の手づくりで送りたい。でも、どうすればいいのか全くわからず、インターネットで見つけた貴社に連絡を取りました。 まったくの偶然の出会いでしたが、感謝しております。
■質問2
葬儀社のサービスや料金についてご指摘やご感想をご記入ください

担当者が若い方で、最初は大丈夫かな?という思いもありましたが、当方の常識はずれ(?)の思いつきにも誠実に対応していただき、ありがたかったです。 料金のことはよくわかりませんが、見積り段階で細かく内訳も示していただき、納得した上でサインしました。

事前のご相談を受けました。家族、親族会わせて10名くらいでのお葬式に対応してくれる葬儀社はありますか?とのご質問でした。今すぐという訳ではないが、葬儀社の心当たりをしておきたいのでというご希望でした。
ただ、ご自宅に一度戻ってしまうと、どうしてもご近所に知られてしまうことをご心配されておいででしたので、ご自宅から少し離れた斎場へ直接搬送をして、お別れをすることをお話させて頂きました。そんな方法もあり、実際にそのようなかたちでされていることを知り、少しご安心をされたご様子でした。

当センターより、家族だけのお見送りに積極的に取り組んでいる葬儀社をご紹介させていただきました。葬儀社の中には、規模の小さな葬儀はあまり利益がないということで、無理に大きな葬儀を薦め、半ば誘導するような葬儀社もございます。しかし、出来る限りご要望に応えたいと努めてくれる葬儀社であれば、規模の小さな葬儀でも親身になって対応をしてくださいます。お電話でのご相談の3日後に、ご夫婦で、実際に斎場を見学されました。
少人数でのお見送りに適した大きさの斎場を持つ葬儀社でして、担当者の説明を受けられました。実際にご逝去されたのは、2カ月後でしたが、事前に葬儀社の連絡先や、搬送先の心当たりをされていましたので、慌てることなくすぐに病院からの搬送の手配を取ることができました。
葬儀の打ち合わせも、当初にご要望を伝え事前のお見積りも確認しておりましたので、葬儀の日程や、人数の変更点などの確認をするだけで終えることができました。一番精神的な負担が大きい時に、葬儀についての過度の心配をされることなく、後は葬儀社の担当者に安心して任せることができました。
ご葬儀は、当初の予定よりは、ご親族の人数が増えて20人くらいになったのですが、お好きだったお花をお飾りしての、家族とご親戚がゆっくりと語り合う時間のある、ゆったりとしたお葬式ができました。お経は菩提寺のお寺さまにお願いしてあげて頂きましたので、通常の葬儀と同じように、皆さんでお焼香をされての、しめやかな葬儀となりましたが、式が始まるまで、ざっくばらんに故人様の思い出をお話しされて偲ばれました。

葬儀が終わられました後に、郵送にてお願い致しましたアンケートでは、最適な葬儀社をご紹介頂きましてありがとうございましたと感謝の言葉を頂き、我々も少しはお役に立てたのかなと安堵いたしました。

会葬者が多くなり、会社関係の方がたくさん見えられます葬儀では、どうしても気を遣うことになりますので、ゆっくりと過ごされることは難しい場合が多いです。そのため、出来ることならば、故人を偲ぶ時間を取ることのできる家族葬をとお考えの方が増えております。当センターでも、出来る限りご希望に沿った葬儀を実現できるサポートができればと存じます。

<お客様からのアンケート>

実際のアンケート用紙
⇒こちらをクリックすると拡大できます ■質問1
葬儀市民相談を利用してのご感想を教えてください
まだ先のことと思っていたのですが、案外と早くにその時がやってきてしまいました。事前に市民相談に相談し今回の葬儀社を紹介して頂いていたので本当にあわてずにすみました。いざ葬儀社を探すとなると大変だったと思います。ありがとうございました。
■質問2
葬儀社のサービスや料金についてご指摘やご感想をご記入ください

前々から葬儀は家族で心のこもった様にと考えておりました。その希望通りに担当者様はじめスタッフの方々の心くばりに感謝致します。家族一同満足のいく葬儀を済ませる事ができありがとうございました。

夜、お電話をいただき、お父様がお亡くなりになられ、現在はご自宅に安置をされているとの事。お話を伺いする中で、お身内だけで、なるべく周囲には知らせずにご葬儀を行いたい、ゆっくりとお別れをしたい、とご希望をお伺いしました。 すぐに当センターより、お身内での葬儀に親身になって対応をしてくださる葬儀社で、お住いの地域に精通した葬儀社へ連絡をとり、手配させて頂きました。ご連絡を受けた30分後には、葬儀社の担当者がご自宅に駆けつけて、お打合せをされました。
当初のご希望どおり、看板も提灯も用意されず、ご近所にもお知らせをしないお見送りでしたが、ご自宅の長年住み慣れたお部屋にお花の祭壇を置き、「花いっぱい」の中で、お身内とごく親しい方やk交流の深かったご近所の方が数名が参列された、ゆったりとした温か味のあるご葬儀でした。お経とご法話の後、祭壇の前にテーブルとイスが運び込まれ、十数名でのお清めの席になりました。まさしく故人様を囲んで、奥様とご家族、ご親戚の方が思い出話を存分にされていらっしゃいました。
ご高齢で、天寿を全うされ、ご家族や親しい方達に囲まれて、それまで暮らしたご自宅から、旅立たれれる故人様は、不適切な表現かもしれませんが、とても理想的ではないかなと現場確認に立ち会わせて頂き感じました。

夏場の暑い中でしたが、料理屋さんは、冷房を切らさない様、車のエンジンをかけたまま待機し、葬儀社の担当の方も汗を拭いながら、家族でのお見送りという雰囲気をこわさないよう細かな配慮をされて動かれていました。葬儀社の別のスタッフの方は、会葬にいらしてくださった方の足元が危なくないよう、付き添ってご案内したりと、細々と気を配っていました。葬儀ではそういった気配りがのできる担当者と出会うことで、少しでもご不安が軽減されるのではと思い、そういった葬儀社をご案内できるよう努めていきたいと思います。
お父様の住み慣れた杉並のご自宅にて、宗教にとらわれない形で。荼毘は家族だけで行い、前日のお通夜は、本人に最も近しい人だけで故人をしのぶ会を、形式張らずに行いたい。こういう葬儀をやってくださる葬儀社はありますか?とご相談を受けました。

お父様がご入院中で、万が一の時に、葬儀社主導で型にはまった葬儀は避けたいという思いから事前にご家族で話し合いをされたそうです。お父様は、とても明るい方で、暗いことは好まない性格なので、形式的で湿っぽい葬儀は避けたいとのご希望をお伺いしました。当センターからも白木の祭壇ではなく、お花をたくさんお飾りすることがよいのではと提案をさせて頂きまして、ご自宅からも近く、お花の祭壇に強みを持つ葬儀社を、ご紹介させていただきました。
お時間のある事前の段階で一度、担当者とお会いになり、自宅のスペースや万が一の流れを決めておかれましたので、御逝去された時には、慌てることなく、病院からすぐにその葬儀社へ連絡をとられ、ご自宅へと移動をされました。

通常の打ち合わせでは、この時点からどこで葬儀をされるか、どのような祭壇をするか、とたくさんのことを少ない時間の中で次々と決めなければなりません。しかし、事前におおまかなことをお決めになられておりましたので、より細かなご要望を具体化していくという打ち合わせの時間を十分にとることができました。その一つが、お花の種類でした。

お花の祭壇にあまり積極的でない葬儀社では、お花の種類まで指定されることを嫌がる葬儀社も少なくないですが、喪家様のために出来る限りのことをしたいと努力されている葬儀社であれば、季節的に取り寄せる難しい花以外は、揃えようと努力をしてくださいます。

現場確認に当センターのスタッフがお伺いさせて頂き、その時に知って正直驚きましたが、娘さんがお選びになったお花の種類は、お父様の年齢と丁度同じ数でした。

たくさんの色とりどりのお花でお見送りをされたお通夜では、ご親族と故人と親しくされていた友人の方々のみにお声をかけて、皆さんでお料理を召し上がられながら、故人の思い出を語りあうという、形式張らず本当にあたたかなものとなりました。お父様はとても明るい方でしたので、お酒も多く振舞い、皆さんに思い出を語り合っていただきたいというご家族の思いから、このようなお別れを実現されました。

ひとつひとつご家族が思いを込め、手作りでお別れをされ、その思いを実現しようと葬儀社の担当者が努力をされた結果ですが、決して特別な葬儀ではなかったと思います。ご本人様への思いをみなさんで話し合われ、要望をきちんと聞いてくださる葬儀社をお選びになられた、たったこの2つのことだけで、形式的ではないその方唯一の葬儀は実現できると考えます。当センターが葬儀社選びを含めて出来る限りのサポートができればと思います。

%e6%a1%9c%e8%8a%b1%e8%a6%8b
家族葬でお見送りをしたい。無駄を省いてゆっくりとお別れをしたい。費用はできる限りおさえたい。お葬式のことはわからないけど、公共斎場で葬儀をすることが出来ると聞いた。どうすれば公共斎場で葬儀ができるのか知りたい。大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。